スポーツ救急箱

一般社団法人 スポーツ医web表示協会
あなたにピッタリのスポーツ専門医が見つかる!

スポーツ専門医を探す!!

あなたにピッタリのスポーツ専門医が見つかる。

地 域

スポーツ

怪我の部位

先生の名前

NEWS!

  • もしもの時に、あなたにも出来る! 心肺蘇生法」のページをリニューアルしました。
  • 「スポーツ救急箱」の運営が2013(平成25)年12月より、「一般社団法人 スポーツ医web表示協会」へと移行されました。より公益的な活動を展開してまいります。
  • 子どもたちも「スポーツ救急箱」を利用してくれています。子どもたちやその家族の方々からのメッセージが寄せられましたので、ご紹介します!!
    →リンク(別ウインドウで表示)

Pick Up Doctor

ご登録いただているスポーツ専門医をご紹介!

加藤 哲弘医療法人 平針かとう整形外科

加藤 哲弘
  • 愛知県
  • 整形外科
  • リハビリテーション科
  • リウマチ科
詳しい情報へ

丁寧をモットーに、診療に当たっています。


症状、状態を出来るだけ分かってもらい、治療の選択肢を説明して、出来る限り納得をしていただいて、治療をしていきたいと考えています。
したがって、どうしても1人の患者さんにかかる時間が長くなってしまい、待ち時間も少し長くなってしまいます。
何とか、効率よく、待ち時間を短く出来ないかというのが、悩みです。

柴田 繁貴医療法人 オルト 柴田整形外科

柴田 繁貴
  • 三重県
  • (院長・開業医)
  • 整形外科
  • リハビリテーション科
詳しい情報へ

齋藤 好道医療法人 愛整会 北斗病院

齋藤 好道
  • 愛知県
  • (理事長)
  • 整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科
詳しい情報へ

医療法人愛整会(北斗病院・岡崎整形外科)理事長 齋藤好道

おかげさまで、北斗病院は平成24年4月をもちまして開院9周年を迎えることができました。
これも地域の皆様と病院職員並びに関係者の方々のご協力とご支援による賜物と心より
感謝申しあげます。
医療法人愛整会は、昭和61年3月「岡崎整形外科病院」(23床→45床) 岡崎市真伝
町に開設し(現在「岡崎整形外科」院長杉浦博基、無床診療所として真伝町で開院)、
平成15年4月「北斗病院」 (156床) 岡崎市仁木町に新設しました。北斗病院は、
整形外科・リハビリ科・総合内科・リウマチ科・循環器科・消化器科・呼吸器科・神経内科
・皮膚科・外科を併設し、現在一般病棟56床、回復期リハビリ病棟100床となっています。

整形外科 : 骨(骨折、骨粗鬆症)、 
         関節(関節鏡視下手術、靱帯再建術、人工関節、)、関節リウマチ、
         腰痛(ブロック、脊椎手術、腰椎椎間板ヘルニア内視鏡手術)など
リハビリ   : 脳卒中、頭部外傷、神経筋疾患、呼吸器疾患(誤嚥性肺炎、慢性呼吸不全)、
         整形外科疾患(脊髄損傷、骨折、切断、リウマチ)、廃用症候群など
総合内科 : すべての内科的疾患など に対応し、安心・安全・良質な医療を提供しています。

 さて、昨年4月愛知県地域保健医療計画より、岡崎市は西三河南部東医療圏に属し、
必要病床数が684床も少ないと発表されました。 既に岡崎市民病院は、一次・二次救急患者
の来院で外来および病室も満床状態が続き、三次高度急性期医療の救命救急センターとして
の機能が危機状態です。 
そこで医療法人愛整会は、
北斗病院の増築増床計画(156床→270床)を立て、本年3月114床増床する
病床整備計画の承認を受けました。
新病棟建設計画は、現病院の北面で来年2月着工、平成26年3月竣工・4月開院予定で
総病床数270となる予定です。
医師・看護師・薬剤師・PT・OT・ST・臨床検査技師・ヘルパー・医療秘書・社会福祉士・診療放射線技師など医療スタッフ大募集中
 今後も優秀な人材の確保、病院のIT化(23年7月電子カルテ導入)、DPC運用(22年度より
DPC準備病院)、病院機能評価取得、地域医療機関との病診連携、救急告示病院として救急
医療の取り組み(24年6月より二次救急指定病院)、高度医療機器の導入など、これらを一つ
一つ成し遂げ充実させ、急性期・亜急性期・回復期リハ・維持期までの医療を担う地域の中核病
院として、地域医療の充実に寄与貢献できるよう発展させていく所存です。
 職員の医療・看護・介護の知識・技術・接遇の向上を計り、愛と科学と技術を持って医療を提供できるよう、職員一同努力してまいりますので、今後ともご指導・ご鞭撻の程よろしくお願い致します。
                                                      
北斗病院は、メタボリックシンドローム
 (略してメタボ)を対象とした特定検診・特定保健指導を行っています。
 ロコモティブシンドローム(略してロコモ:運動器症候群)の啓蒙・予防活動も積極的に行っています。
 ★ロコモティブシンドローム:「運動器症候群」は、略して「ロコモ」といいます。
 具体的には、骨・関節・筋肉といった運動器の機能が衰えることにより、日常生活での自立度が低
 下し、介護が必要になり、寝たきりになる可能性の高い状態です。もっと簡単に言いますと、将来足
 腰が弱くなり寝たきりになる状態を言います。(高齢者の寝たきりの3~4人中1人はロコモが原因と
 なっています)

 北斗病院は地域の発展を応援しています。

井戸田 仁井戸田整形外科

井戸田 仁
  • 愛知県
  • (開業医)
  • 整形外科
詳しい情報へ

スポーツ整形外科

スポーツ選手のケガに対し、診断、加療、リハビリテーションを総合的に行い、復帰を目指します。
MRI等の検査と手術も含め、スポーツ治療の最先端である(財)スポーツ医科学研究所と協力して治療いたします。

スポーツリハビリテーション

経験豊かな理学療法士、アスレティックトレーナー、リハビリテーション器械を使用し、復帰のお手伝いを行います。

※膝・足・肘・肩・関節は特に内視鏡手術を中心に数千例の経験があります。

今週は「東海地方」の先生を紹介しています。

ご希望の医院にはこのシールを差し上げております

在籍シール

Copyright © 2012 Sports99 All Rights Reserved